プリントする

<注意喚起>アメリカ:熱帯性低気圧「Harvey」の接近に伴う注意喚起

2017年08月24日

NOAA(米国国立海洋大気庁)の予報によれば、熱帯性低気圧「Harvey」は現在北西方面に進んでおり、現地25日にはテキサス州沿岸に接近するものと見られ、今後48時間で勢力を強め同日にはハリケーンになる可能性があるとのことです。
また、29日までにテキサス州沿岸中部~上部、ルイジアナ州南西部に10~15インチ(254~381ミリ)、テキサス州北西部及びミシシッピーバレー下部の他の地域にも3~9インチ(76~228ミリ)の降雨をもたらす可能性があり、生命に危険を及ぼす洪水を引き起こす可能性があるとして併せて注意喚起しています。

同地域にご滞在中及びご渡航予定のお客様は、以下の関連ウェブサイトを参考に、最新の気象情報及び運航状況等をご確認いただくことをお勧め致します。

なお、同庁の2017年度ハリケーン・シーズンの見通しによれば、今シーズンは非常に活発となり「平年以上」となる可能性が向上したと発表されています。
これからハリケーンが最も発生し、また、最も勢力が発達する時期を迎えることから、最新の気象情報を確認し、各地域における警報や避難命令にもご注意いただくことをお勧め致します。

《 参考 》
▼米国ナショナル・ハリケーン・センター(英語)
http://www.nhc.noaa.gov/
▼CNN:Potential hurricane threatens Texas(英語)
http://edition.cnn.com/2017/08/22/us/possible-hurricane/index.html

このページのトップへ